それぞれの専門性を活かしたより質の高いチーム医療

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
チーム医療とは、患者を中心として医師・薬剤師・看護師・保健師・助産師・臨床検査技師・理学療法士・介護福祉士などの異業種の医療スタッフが協力しあい、互いの専門能力を活かし相補的に治療を進めていく医療体制です。個々の医療スタッフの能力が十分に活用されることにより、より質の高い医療が可能になります。

チーム医療の弊害要因とチーム医療に大切なこと

チーム医療を円滑に行うためには、お互いの医療スタッフを尊重しあい、共通の課題を理解し、良好なコミュニケーションと情報共有がなされていなければなりません。チーム医療の2大阻害要因とも言われるのが、上下関係(ヒエラルキー)と縄張り意識(セクショナリズム)です。どんなに優秀な医療スタッフで構成されていても、対等の立場で尊重しあえなかったり情報共有ができていなかったりするとチームはうまく機能しません。

チーム医療は、いろいろな医療スタッフが地域ネットワークの中で患者のケアを行っていく在宅医療には欠かせないものになっています。コミュニケーションという視点からすると、患者自身や患者のことを一番よく知っている家族もチームの一員としてチーム医療に参加すべきであり、医療スタッフ側は医療知識のギャップを埋めたり、適切なインフォームド・コンセントを行う努力をすることも重要な任務とされています。


チーム医療の中で果たす薬剤師の役割

チーム医療を考えた場合、薬剤師の業務は調剤室での調剤だけにとどまらず、病棟や外来、手術室や在宅など、チーム医療の一員としての役割が重要になってきています。他の医療スタッフとしっかりと情報を共有し、連携して業務を行っていく必要が高まっています。2012年の診療報酬改定においては、病棟薬剤業務実施加算が設けられ、薬物治療プロトコールの立案・実践等、薬剤師に対する医療チームに果たす貢献度と期待が大きくなってきています。

チーム医療の中で薬剤師に求められている重要な任務は、医療における安全です。まずは注射剤も含めた調剤をミスのないようにしっかりと行うことが大切で、その上で薬物の血中濃度や副作用のモニタリングにより、副作用発現状況や有効性を確認して、医師へ必要に応じて薬剤変更等の提案も行うことも重要な任務です。

また治療により病態が変化した場合は、まずは薬との関連性を確認し、情報共有する必要があります。もちろん薬の副作用を防ぐため、患者の副作用歴・アレルギー歴だけでなく、他科の受診の有無、併用薬剤の有無などを確認する必要があります。患者から副作用症状の聴取をしたり、薬の適正使用について説明したりすることも大切で、特に他の施設から転院してきたというような患者の場合は、診療情報提供書やお薬手帳、持参薬等をしっかりとチェックしておくのも薬剤師の役目になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング