アキュテイン通販

投稿者: | 2020年12月22日

アキュテインは約6ヶ月間服用することで難治性ニキビの改善ができる内服薬です。
ニキビの改善には高い効果が期待できる反面、副作用も少なからずあります。
アキュテインの副作用で代表的なものは皮膚や口、鼻、目の粘膜などの乾燥です。

この副作用に関してはアキュテインを服用したほとんどの人に発症するといわれており、乾燥からくる皮膚炎や口角炎、軽度の鼻出血、ドライアイ、脱毛などの症状を引き起こすこともあります。
そのため皮膚に関してはニキビができない保湿剤を使用したり、口に関してはリップクリーム、目には目薬など使用するように心がけましょう。

その他には骨や関節の痛み、頭痛、めまい、吐き気、女性は生理不順などを起こすケースもあります。
また多くはありませんが肝機能低下や腎機能異常などの副作用もあるため、定期的な血液検査なども必要になります。
非常に稀ではありますが、重篤な副作用として視力の低下や視野障害、うつ症状、アナフィラキシーショック、クローン病、急性肝炎、急性膵炎、スティーブンス・ジョンソン症候群などを引き起こす事例も報告されています。

それとともに、妊娠中の女性がアキュテインを服用した場合に、胎児の催奇形性または流産のリスクが高くなるといわれています。
そのため妊娠している方が服用できないのはもちろんですが、アキュテインを服用中の男女は避妊が必要になります。
このように副作用は少なからずありますので、アキュテインを服用して何か体に異変を感じたら早急に医師に相談しましょう。