ゾコン100mg

投稿者: | 2020年12月15日

ゾコン100mgの概要

性感染症の一つである「カンジダ症」や、真菌の感染症に効き目のある治療薬がゾコン100mgです。
真菌とは普段から人間の体内に住んでいる菌ですが、疲労などで体調が悪化した際にこの菌は繁殖し、真菌症の原因となります。

ゾコンの主成分は「フルコナゾール」というもので、真菌の細胞膜を生成する「エルゴステロール」が生み出されるのを防止する作用があります。
さらに、このゾコン100mgはまたの名を「女性用バイアグラ」とも言われています。この由来はゾコンが女性器の潤滑剤としての用途でも使え、膣液の分泌を促進する効果もあるからです。

ゾコン100mgの効果

この薬は、性感染症である「カンジダ症」や、呼吸器の真菌症を治療するためのお薬です。
もともとはゾコンの目的は、消化器を治療するためにありますが、この薬に含まれているフルコナゾールは、女性の性感染症を防ぐと同時に、膣液が分泌されるのを促進する効果を備えています。
この作用によって、セックスの際に用いる事によって、膣内を十分に潤った状態に導けますので、セックスの際の性交痛が和らげられ、多くの性的快感を得ることができるのです。

これにより、女性が性行為に対して前向きな気持ちを持つことができます。これがゾコンが「女性用のバイアグラ」と呼ばれる所以でもあります。
しかしこの薬のもともとの目的・用途は、性感染症を治すためにありますので、女性の膣液の分泌促進を目的としたものではありません。ですのでゾコンを使用する際には注意する必要があります。

また、別の薬も飲んでいる場合は、併用によって身体に影響がある場合もありますので、医師に相談を行いましょう。